脱毛後のケア

脱毛施術をした日は、特にケアに気を付けないといけません。
アフターケアを適当におこなっていると、ムダ毛はなくても黒ずんだ肌になってしまう可能性があります。
また肌トラブルも引き起こしてしまうかもしれません。
アフターケアの方法は、施術をしたサロンによって違いがあると思いますが、大きな違いはないと思います。

 

エステサロンで脱毛をしたあとは肌が熱を持っている状態です。
勿論、スタッフの方も冷却をしてくれますし、保湿も行ってくれます。
脱毛直後の肌を見るとわかるのですが、赤くなっていると思います。
冷却をしっかりと行っていれば赤みを取ることができます。

 

脱毛をした日には注意点を指導されると思います。
お風呂に入るときに、ナイロンタオルで体を洗っている人は多いと思いますが、
脱毛後の肌には刺激が強すぎてしまうので、施術した日は使用しないように促されます。
ボディーソープをよく泡立てて素手でやさしく洗いましょう。
また湯船には入らないで、シャワーのみにするように指導するサロンも多いです。

 

脱毛後の肌は乾燥しやすい状態です。
ですから保湿はとても重要になってきます。
十分と保湿している肌であれば、施術の時の痛みの軽減にもなります。

 

サロンによっては、自社製品の保湿液などを勧めてくるところもあると思います。
しかし、保湿がしっかりとされるのであれば、市販で購入できるもので十分です。
ボディークリームでも、乳液でも良いのですが、メンソール系やスリミング作用のあるジェルなどは使用しないようにしましょう。
脱毛器で脱毛するならこちらのサイト『脱毛器人気ランキング10』がわかりやすくお勧め!

表情筋とほうれい線について

表情筋とほうれい線について
表情筋とほうれい線は、一見、何も関係がないように感じますが、実際はとても深く関係しているといわれています。なぜなら、表情筋の衰えが、そのままほうれい線となって現れるからです。周りを見渡してみると、いつも笑顔でニコニコとしている人が一人はいると思いますが、そのような人は毎日表情筋を動かしているため、特別なケアをしなくてもシワが出来にくい状態を保ち続けているといえます。

 

また、表情筋を鍛えていると、年齢よりも若く見られることがおおくなり、印象もかなり明るくなるといえます。しかし、逆にシワを作りたくないからといって、無表情で毎日を過ごしてしまうと、年齢よりも老けて見られることが多く、暗い印象を周りに与えてしまうため、おすすめできません。

 

では、表情筋はどのように鍛えれば良いのかといいますと、普段からできるだけ笑顔で過ごすよう心掛けるということが重要となってきます。ただし、人によっては急に笑顔で過ごすことが難しかったり、仕事上笑顔で過ごすことができない場合もありますので、そのような時は、お風呂に入っている時や、就寝前に意識して顔の筋肉を動かすようにすると良いでしょう。

 

その際、できるだけ鏡を見ながら行うようにすると、どの筋肉を使っているかが分かりやすくなりますし、効率良く表情筋を鍛えていくためにも効果的だといえますね。このように、表情筋を鍛えることは、とても些細なことのように感じるかもしれませんが、表情筋の衰えは、ほうれい線が出来てしまう原因の1つともいわれていますので、是非鍛えていくようにしましょう。
あわせてよむのがお勧めのサイト→ ほうれい線 化粧品